Shushary

  • インターネット上のこの場所に関する情報: Wikipedia, Wikimapia
  • 駅オープン: 2019年10月3日。
  • ステーションの深さ: 地上、完全に屋根の下。
  • プロジェクト内の名前: Yuzhnaya(「南」)
  • 駅の種類: 陸上プラットフォーム、デポへの出口とデポ側からの交差点出口のある2つのトラック。
  • 駅への入り口: 1つのロビー、駅の線路の上にある2階の歩行者用交差点。
  • 交通: 月間約241万人

サンクトペテルブルクの最南端の地下鉄駅。 プロジェクト名は「Yuzhnaya」(「南」)です。 しかし、結局、駅はそれが位置する工業地帯にちなんで「Shushary」と名付けられました。

下の写真は、駅のオープニングからの映像です。 TCh-7 Yuzhnoeがはっきりとわかります。

シュシャリーの同名の住宅街は駅の西側にあり、ここから行くのは非常に不便です。

技術的な理由から、駅には装飾がありません。 プロジェクトには、「スピード」と「オートレース」をテーマにしたステンドグラスの窓が含まれていました。 しかし、ステンドグラスの窓がなくても、それはまだきれいです。

「ユズナヤ」火力発電所とトヨタとGM(現在のヒュンダイ)自動車工場は、シュシャリー駅のすぐ近くにあります。 ガラスの壁を通る小道を横切る歩行者はTCh-7 Yuzhnoeを見下ろします。 デポが駅のすぐ後ろにあるという事実により、ラッシュアワーの間に非常に短い列車間間隔を維持することができます。

線路の間にサービスブリッジがはっきりと見え、それに沿ってドライバーはターンオーバー中に列車の先頭車の間を移動します。

この駅の乗客用プラットフォーム自体は、床の模様を除いて装飾されていません。